アフタースクール小学生|名古屋校 授業内容

一人ひとりの子どもの興味と能力に合わせた、考える力を養う専門カリキュラム

ラボ(1~4年生)

学習の基盤となる柔軟な思考力と創造性を伸ばす

国語・算数・理科・社会から題材を取り上げ、図形・記号・意味の3つの知能領域で課題を編成し、論理的な思考力や創造性を高めていきます。学んだことを活用するゲームやパズルにより、さらに理解の定着を図ります。

学習の基盤となる柔軟な思考力と創造性を伸ばす

PAGE TOP

マスマティックス(1~6年生)

思考過程を重視し、図形や数概念をもとに論理的に考える力を高める。

子ども自身が持っている経験や情報をもとに新しい考え方を問う算数の課題で、どのように考え、切り開いていったかという思考過程を大切にして、論理的に考える力を伸ばしていきます。

思考過程を重視し、図形や数概念をもとに論理的に考える力を高める。

PAGE TOP

サイエンス(1~6年生)

予想→実験→まとめ・応用という仮説実験授業の形態で、個別に科学の学習を行う。

個別に実験を行って、予想→実験・検証→まとめ・応用という学習で法則や原理について考えていきます。また、直接体験することで内容の理解を円滑にし、科学に対する知的興味を高めます。

予想→実験→まとめ・応用という仮説実験授業の形態で、個別に科学の学習を行う。

PAGE TOP

ライティング(1~4年生)

読むことや書くことの楽しさを味わい、文章表現力や読解力を高める。

語い力を高める活動、物語や説明文、ノンフィクションなどの読解、詩や絵本の創作、意見文やテーマを決めての作文などを通して、文章表現力や創造性、読解力や言語能力を培っていきます。

読むことや書くことの楽しさを味わい、文章表現力や読解力を高める。

PAGE TOP

ソーシャルスタディ(1~4年生)

さまざまな調査・制作・発表を通して、地理・歴史・社会について理解する。

社会科を中心として、国語・科学・美術・クッキングのプログラムを結びつけた教科です。地理や歴史、社会的現事象に対する興味・関心や知識を高め、深く考えていきます。

さまざまな調査・制作・発表を通して、地理・歴史・社会について理解する。

PAGE TOP

コンピュータ(1~6年生)

プログラミングによる論理思考の養成したり、いろいろなソフトを活用して作品を創作したりする。

ひらがなによる命令語を使ってプログラミングを学んだり、編集ソフトを使いこなして、アニメーションやホームページ制作したりします。コンピュータに親しみ、創造性や思考力を高めていきます。

プログラミングによる論理思考の養成したり、いろいろなソフトを活用して作品を創作したりする。

PAGE TOP

アサインメント(5・6年生)

自分でテーマを選び、調査研究し、まとめていく。

自分で決めたテーマについて、さまざまなジャンルの本や新聞記事などを調べたり、実地調査に出かけたりしながら内容をほりさげ、まとめていきます。課題解決能力を養います。

自分でテーマを選び、調査研究し、まとめていく。

PAGE TOP

アドバンス算数・国語(3年生)

基礎学力(計算・漢字・読解など)を高め、応用題に挑戦する。

計算や文章題、漢字・文法や読解問題を通して、基礎学力を高めます。その上で、高度な応用題にも取り組みます。

計算力・漢字力・読解力などの基礎学力を高める。

PAGE TOP

サタデースクール(1・2年生)

さまざまなプログラムを行い、興味・関心を広げる。

土曜日の午前中に、テーマに基づいたプロジェクトやアート、音楽、コンピュータ、サイエンスクラフト、シティアズアクラスルームなど、さまざまなプログラムを行います。

さまざまなプログラムを行い、興味・関心を広げる。

Copyright Kawaijuku-Gakuen Educational Foundation