東京校 トピックス

 2月になり、ナーサリーの各クラスでは、バレンタインにちなんで、ハートのプロジェクトが始まりました。その中の『HOW FULL IS YOUR BUCKET?』という活動は、ニューヨークのドルトンスクールの先生から研修で習ったものです。

最初に『しあわせのバケツ』という絵本を紹介し、世界中の誰もが心の中に『しあわせのバケツ』を持っていること、そして、皆の優しさや思いやりなどの愛情が相手に伝わることでお互いのバケツが『ハート』で満たされていくことを話しました。

その後、どんなことをしたり、どんな言葉をかけた時にハートが生まれるのかをクラスで考えました。

この活動を通し、子どもたちは友だちの素敵なところを見つけることもとても上手になります。

また、クラフトでバケツを作り、嬉しいことがあった時には、先生にエピソードを書き取ってもらい、バケツに入れています。「きょう、積み木で一緒に遊んで楽しかった!」「水筒忘れてるの、教えてくれてありがとう!」など、子どもたちの心温まる『ハート』でどんどんバケツが満たされています。                                    

  • 卒業生からのメッセージ
  • 資料請求・お問い合わせ
  • Dalton Schoolからのお知らせ

Copyright Kawaijuku-Gakuen Educational Foundation