DALTON SCHOOL

2016.6.27

 ドルトンスクール東京は、さる平成27年8月6日に実施した「アフタースクール小学生野外教室」の開催中に、参加していた肖智翔君(当時7歳)が亡くなられた事故に関しまして、慎重に調査を実施して参りました。ここに調査結果を公表致します。

 当校のイベント実施中に、このような事故が発生してしまったことにつきまして、肖智翔君ならびにご遺族様に深くお詫び申し上げます。教職員一同、肖智翔君のご冥福を衷心よりお祈り申し上げます。

 また、同野外教室にご参加いただいた他の児童やその保護者の皆様、当校にご在籍の児童やその保護者の皆様に、大変なご心痛を与えてしまいましたこと、深くお詫び申し上げます。

 ドルトンスクール東京におきましては、本件事故に関し、全教職員がかつてない痛切な事態として厳粛に受け止めております。大切な児童をお預りする責任の重さをあらためて肝に銘じています。

 二度とこのようなことを起こさないため、児童の安全対策として、全教職員が一丸となって次のような事項に取組んで参ります。

① 肖智翔君を永遠に忘れず、安全への思いをあらたにするため、8月6日を「安全祈願の日」と定めました。

② 校外活動では、企画・準備・実施の体制を根本的に見直しました。

③ 独立行政法人日本スポーツ振興センター等から、学校安全対策の専門家を招聘し、教職員の研修を実施いたしました。今後も、実施して参ります。また、教職員を外部の研修に定期的に参加させ、安全意識を徹底して参ります。

④ 「防災基本マニュアル」・「病気・怪我時の対応マニュアル」等について見直しを実施いたしました。今後も定期的な見直しを実施して参ります。

以上

Copyright Kawaijuku-Gakuen Educational Foundation